2013年08月22日

何気ない日常

こないだのコインボス連戦でブロークンしたマイハートを癒やす為には何が必要かを考えた結果、コインボスにはコインボスとゆう結論に至りました。

倍返しだっ!


目には目を。ハンムラビ法典の精神バンザイ。




時間もなかったのでさらっと2人を召還します。











あと一人足りなかったのですがフレンド達はみな思い思いのPTで一心不乱に遊んでいる様子。









この時のモチベーションは『ミネアに会いたい』ただその一点。




さて、誰にしよう。





いつもやられる側なのでこの時は妙にテンションがあがりました。

人の不幸は密の味。

ククク…!




ラギでPT組んで何かしてたりょうたろさんに決めました。

理由:僕よりMだから何しても大丈夫。






そういえばりょうたろさんもブログ始めてます。


魚によるドラクエ]日記



最近は忙しいようで更新頻度は少な目ですが抱腹絶倒超絶面白リスペクトブログなので見に行ってみてください(更新しなきゃいけなくなるフリ)



さて、ターゲットは決まったので次は無理矢理こちらに来たくなるような甘〜い言葉で誘い出します。

英語で言うとhoney word







発信する事これ大事。


このブログではそんな大事なことを発信したことありませんが。





食いついてきたので嘘八百でまくしたてます。








ミッションコンプリート。



被害者が誰かを伏せたままみんなに報告です。






さぁ、祭りの準備じゃ!




祭り会場はグレン井戸。


言わずと知れたサンクチュアリです。




待つこと20分。りょうたろさん合流。



あなた5分て言ってたじゃないの。



なな『うん、誰がくるかはだいたい予想できた』



ですよね。





さて迷宮。




ここでサンタ界のウォーリーことシュウトさんが勇者発言を。






ちなみに爆裂パラディン42才。





見守ります。









素直。





仲間呼ばれる事に一抹の不安を抱えながらも、尚戦い続けるその姿に勇気を貰う一同。


1年前はこんな事が日常茶飯事でした。


脳裏をよぎるマドハンドの悲劇。







応援すらせず、戦う仲間のほとばしる汗と涙をただ見つめることしかできない僕ら。

なんて無力なんだ。

できることなら変わってあげたい。

そんな事を考えながら、考えることしかできずに見守っていました。






ねぇまだ?







結局1週で力尽きた我々。




この日はトルネコにも会えず、ミネアの影も形もなく、こみ上げてくる『絶望』の二文字。






ブロークンハートがさらに細かく修復不能になった1日でしたとさ。








さてイベント告知です。


8/23(金) 22:00〜

アストルティア夏の怪談大会やります。

バナーはこちら。




ワイワイガヤガヤしながら怪談を楽しんで貰えればそれでいいかなみたいなゆる〜いイベントです。


夏の思い出にどうですか?( ・ω・)ノ


現在話し手は6名かな?います。

当日の飛び入りでも全然構わないのですが
できるだけ事前に把握したいのでコメント欄かゲーム内かTwitterでお知らせいただけると助かります。



気が付けばイベント明日でした。

banner.gif

ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ


でわでわまたねヾ(*゚ω゚)人(*゚ω゚)ノシ
posted by らむね at 10:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 冒険の書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
2014年07月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(1)
2014年02月(1)
2014年01月(1)
2013年12月(2)
2013年11月(3)
2013年10月(14)
2013年09月(26)
2013年08月(24)
2013年07月(19)
2013年06月(7)
2013年05月(12)
2013年04月(3)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年11月(7)
2012年10月(11)
2012年09月(2)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。